【ルルルのアッパッパ】ワンピース

16,500円(税込)

定価 16,500円(税込)

  • カラー
購入数
ミュージアムショップ ルルル初のオリジナルお洋服【ルルルのワンピース『アッパッパ』】

『アッパッパ』とは大正末期から昭和初期にかけて流行した木綿ワンピースのこと。
名前は聞かなくなりましたが、シンプルなワンピースは夏の定番。
涼しくて快適な『アッパッパ』を今着たい形でつくってみたのが今回のワンピースの始まりです。
生地には新潟の伝統織物〈亀田縞〉を採用。袖を通した瞬間からサラッとしていて涼しいんです。
洗濯もガンガンしちゃって大丈夫。乾くのも早いし夏の日常着にもおすすめです。

嬉しいことに販売開始以来とっても好評いただいております!

以下に6色の特徴を順番にご紹介。ご参考になれば嬉しいです^^


〈白無地〉
真っ白ではなく少し黄味がかったようなナチュラルな色味です。透け感もあるので柄パンツに合わせても可愛い^^割烹着みたいな雰囲気もありますね。「パン屋さんみたいだね」と盛り上がりました!ガンガン着て、ガンガン洗ってノンアイロンでシワ感を楽しむのも良さそう!

〈オレンジ無地〉
朱赤のようななんとも言えない良いお色。太陽光の下では鮮やかに、室内ではもう少し落ち着いた色に見えます。無地といえども縦糸にインディゴ染めの糸を使っているのでとっても味わい深い色に仕上がってます。

〈グレー無地〉
黒より軽やかさがあって夏に着るグレーは重宝します。小物や足元も色を抑えてモノトーンでコーディネートするのもオススメですよ。アクセサリーを合わせればモードな雰囲気も演出できそうです。

〈黒横縞〉
シンプルな黒も縞が入るとカジュアル感が増してより着やすい印象に!ゆったりフリーサイズの『アッパッパ』は何も考えずに手持ちのパンツに合わせるだけで良い感じに着こなせます。

〈茶横縞〉
茶色に横縞ってお洋服としては珍しいかもしれませんね。生地を近くで見ると縦糸に使われているインディゴの色が効いていて、落ち着いた良いお色なんです!一枚でサラっと着るのも良いし、秋口にはカットソーと合わせて着るのも良さそうです。

〈紺横縞〉
夏はネイビーをよく着るって方も多いのでは^^黒横縞とよく似ていますが、お顔映りが違ってくるので皆さんお手にとって結構悩まれています。白に合わせたり籠バッグを持ったり爽やかに着こなしたくなる色です。


---
【ルルルのワンピース『アッパッパ』】
2019年6月18日店頭販売開始

価格:15,000円+税
素材:綿100%(亀田縞)
柄:全6種 黒横縞、茶横縞、紺横縞、白無地、オレンジ無地、グレー無地
サイズ:フリーサイズ 着丈96.5cm、身幅73cm、裄丈40cm
デザイン:横山英也
企画:ミュージアムショップ ルルル
---

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。