直管型砂時計

1,980円(税込)

  • 砂の色
購入数




直感的に「かっこいい」

そう感じる手仕事の工芸品を

次の世代にも残したい。






砂時計は新潟市西区(旧黒崎町)の特産品でした。



昭和30年〜40年代にはクリスマスツリーの飾りとなる

豆電球などをはじめガラス製品を作る工場が多く所在し、

その技術を活かしたガラス製品のひとつとして砂時計は

手作りで製作されていました。



ところが、現在では、国産砂時計は東京で2軒(職人3名)、

新潟市南区(味方)で1軒の3軒のみで製造されており、

他はすべて輸入品ということだそうです。



貴重な砂時計づくりが、次世代に続くように、

応援していきたいと思っています。





【内容】

・砂時計本体(3分計) 1本 高さ8cm

・木台 1個 高さ2.8僉潺織5僉潺茱5

・セット用BOX:高さ5僉潺織9僉潺茱5





------------------------------------------------

・手作業で製作しているため、形に個体差があります。

・この製品は3分計ですが、ものによって10秒前後

 誤差が生じる場合があります。

・直射日光のあたる場所に製品を置くと、

 中の砂が退色することがあります。

・この製品はガラス製です。強い衝撃により割れることが

 ありますので、取り扱いの際はご注意ください。

------------------------------------------------

この商品を買った人はこの商品も買っています

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。